TEL0742-49-2680

【休診日】木曜日・日曜日・祝日

Q&A

Q&A

Q.針は使い捨てですか?

当院では感染症予防のため、鍼はすべて、滅菌処理をした後に使い捨てにしております。安心してご来院くださいませ。

Q.針治療を受けたいのですが、針は痛くありませんか?

針治療でよく使う針は、髪の毛よりすこし太い程度です。また、刺しても痛くないように、針尖が特別な形をしています。そのため、針治療はほとんど痛みを伴うことがありません。

Q.針は、なにからできているのですか?

ほとんどの針は、ステンレスでできています。金・銀・鉄のはりもありますが、高価だったり、軟らかすぎたり、硬すぎたり、さびやすかったりで、特別な場合以外はあまり使いません。クロム、ニッケル、マンガンなどに金属アレルギーのある人では、針でかゆみや発疹の出ることがありますので注意しなければなりません。

針治療による金属アレルギーでは、次のことを覚えておくとよいでしょう。

  1. 針をしたところ以外にも、かゆみや発疹が出る。
  2. そのまま針治療を続けると、どんどんひどくなる。

Q.針で、病気がうつることはないのでしょうか?

ふつうの常識的な針灸師の治療では、そんなことはまず考えられません。当院では、針は使い捨て。針皿(シャーレ)は高圧で滅菌(130度で30分)をします(この滅菌法は、多くの医療機関で用いられます)。滅菌処理をしていない針を、患者様に刺すことは絶対にありません。

Q.針をすると、そこから血がでてこないのですか?

お医者さんで注射をすれば血が出ますから、針治療をしても血が出ると思うのでしょう。しかし、針治療に使う針は非常に細く(毛髪よりやや太いものが使われることが多いです)、注射針とは比べものになりません。また、針治療の針は注射の針と違って中が空洞になっていませんので、この点でも出血を起こしにくいようです。

Q.灸は、熱くないですか?

ふつうの針灸院ですえられているお灸は、生の米粒の半分ぐらいの大きさです。これを、1つのツボに何回かすえます。小さいものですから、そんなに熱くはありません。

Q.針灸治療を受けた日は、風呂に入ってよいでしょうか?

ほとんどの場合は、かまいません。治療を受けたすぐ後に、お風呂やプールに入っても大丈夫です。しかし、体力のない人や針灸治療が初めての人は、その日の入浴はやめておいたほうがよいでしょう。

Q.お金がなくて、針灸治療を受診できません。

お灸は、いろいろな病気にとてもよく効き、その効果は針をしのぐほどです。特に慢性的な治りにくい病気の場合は、針よりも効くことがあります。このような優れた治療ですが、お灸というのはすえるツボが決まっていますので、治療院で指示してもらってください。経済的に苦しい人や遠方でなかなか治療に来られない人は、1ヶ月に1回治療に来ていただいて、その間は自宅でお灸をすえるというのも良い方法です。

ご予約・お問い合わせ

首・肩・腰・ひざ・ひじ・手足などの痛み、神経痛、生理痛、ムチウチなど、お悩みの方は、まずはお気軽に症状をご相談ください。

ご予約はお電話にて受け付けています。当院についてご質問やお問い合わせも、こちらからお気軽にご連絡ください。

〒631-0024 奈良県奈良市百楽園1-1-5
TEL:0742-49-2680

受付時間 日・祝
9:30~12:30 / /
14:30~19:30 / /

夏季休暇のお知らせ
8月11日(火)~19日(水)
*8月21日(金)より通常通り診療いたします。
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
★土曜日の午後は16:00までの施術です。
【休診日】木曜日・日曜日・祝日
※心理カウンセリングは火曜・金曜日10:00~16:00女性・子どもが対象となります。
※個人情報は厳守いたします。
駐車場:有り(4台)
当院の専用駐車場に電気自動車専用の充電設備(EVクイック)を設置しています。
治療中の間に無料でご利用いただけますので、お気軽にご利用ください。